2018年8月3日

こころの荷物をそっと降ろす本『つい、「気にしすぎ」てしまう人へ』著者水島広子を、キンドル電子書籍ストアで配信開始

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp )は、
7月30日に『つい、「気にしすぎ」てしまう人へ』著者水島広子を、キンドル電子書籍ストアで
配信開始いたしました。



■『つい、「気にしすぎ」てしまう人へ』著者水島広子
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2AobVDp
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2KdbhIy

小さな「気になること」が、
どんどん大きくなって……。
誰しも経験があることではないでしょうか。
しかし、ちょっとしたコツで、私たちはいつでも、
そこから抜け出すことができるのです。
――著者

例えば、
・「今できること」に目を向ける
・問題は「小分け」にするだけで見え方が変わる
・「相手は困っているだけ」と考える
・こころの「痛みや衝撃」は、ただ去るのを待つのもいい
・「不安のメガネ」を外してみる
……etc.

対人関係療法の第一人者が教える、自分のこころの休ませ方。
読んだ後、毎日が穏やかな安心感に包まれます。

■目次

はじめに 「そんなこと、気にしなくていいんじゃない?」という余裕が心に生まれる本

1章 自分らしく、もっとしなやかに生きるために―肩の力を抜いて、リラックスできる考え方

2章 「気にしすぎ」からそっと抜け出す簡単な方法―「今できること」に目を向けると、ずいぶん変わる

3章 「なにかと思い通りに進まないとき」に―「困っている」のは、もしかしてお互いさま?

4章 時には、意識して「自分を休ませる」―「頑張りすぎない」練習

5章 もうちょっと“いい加減”になっても大丈夫―「賢い割り切り方」ができるヒント

6章 「本来のしなやかさ」を取り戻す魔法の言葉―「心の風通し」をよくすると、いいことが続々!

■著者 水島 広子 こころの健康クリニック院長

■『つい、「気にしすぎ」てしまう人へ』著者水島広子
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2AobVDp
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2KdbhIy

■□■□■□■□■□■□  三笠書房 気になるニュース  □■□■□■□■□■□
7/24 最新刊!『人生は手放した数だけ豊かになる』(マルガレータ・マグヌセン/下重暁子 解説/上原裕美子 訳)が、
ニューズウィーク誌(日本版)で特集されています。
世界の「終活」最新事情 人生の最後まで自分らしく生きる知恵
https://www.newsweekjapan.jp/stories/lifestyle/2018/07/post-10611.php

7/24 『成功する人は1年で成果を出してくる!』(福山敦士)が紹介されています。
https://diamond.jp/articles/-/175138

7/20 『100歳まで元気な人は何を食べているか?』著者の辨野義己先生が、
毎日新聞朝刊(7月19日 くらしナビ)で紹介されました。
http://mainichi.jp/articles/20180719/ddm/013/100/002000c

7/19 『「スカッと」ストレス解消フェア 小さなことが気にならなくなる本!』をAmazon Kindleで開催中。
17書籍を50%オフの価格で配信
『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語』(西沢泰生)https://amzn.to/2mmdfN5
【イラスト編】気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる! 植西聰 https://amzn.to/2zKcVkV

7/17 『1分間で信頼される人の伝え方』(松本幸夫)が紹介されています。
https://precious.jp/articles/-/6533

【ニュース配信元】Dream News


ViVicome モバイル

携帯で左のコードを読み取りアクセスしてください
URLを携帯に送信する